日本の学校教育が英会話が出来ない日本人を作った

日本の教育制度では英語の授業は中学校からになっていまして、中学校卒業後は大部分が高校に進学しますので、中学、高校と合計で6年間も英語の授業を受けるのですが、何故か日本人は英会話が出来ない不思議な状態になっています。

このことについては、あちこちで書かれたりしていますが、6年間学校で英語の授業を受けて英会話が出来ない日本人について書いてみようと思います。

私の中学校時代の英語の授業を思い出してみようと思いますが、英会話を基本に考えて見ますと、中学校の授業の改善点が浮かび上がってきてしまいます。

その1
主力は筆記試験で、会話は二の次、三の次
そーなんです、中学の英語の授業では会話が全然出来なくたってペーパー試験で100点が取れれば、良い成績になってしまうわけです。

その2
英語の筆記試験では多少の間違いでもバツになる
このあたりについては補足で少々書こうと思いますが、実践の英会話では少々文法的に間違えであろうと、積極的に話しかけていって、コミニケーションを取ることを最優先にしなければ英会話は上達しませんね?
ところが、学校教育ではペーパー試験の採点が基本ですから、無茶苦茶な英会話でも外人の前に出てしゃべりかける事は推奨していないわけです。

日本の場合、このあたりの英語の授業の改善を行っていくべきだと思うので有ります。