英語落語

落語はご存じの通り、日本が発祥の伝統的な話芸でありますが、この落語がRAKUGOとして世界に普及させようとする動きが出ておりまして、英語落語って呼ぶんだそうです。

まあ本格的に英会話を学習したいとか、英語を使ってのコミュニケーションを必要とする人に、英語落語でもって英語をマスターしようってのはちょいと無理があると思いますが、なにせ聞くところによりますとアメリカ人はジョークが好きな人が多いようですので、小話程度の英語落語なら結構アメリカ人相手に受けの良いアイテムになるのでは無いでしょうかね?

それと英語落語は色々と英会話技術?の習得にプラスになる事が多いような気がするので有りまして、例えば昔から英語をマスターする為に机に座って文法を勉強する以外に、字幕無しで洋画を見るとか、英会話学習のカセットを聴くとか有りますが、文法の学習とヒアリングに関しては昔から色々な学習法や教材が出ていましたが、こと英語を喋る事に関しては中々良い学習法が無かったのは事実だと思いますし、あまりに喋る部分を置き去りにした為に、勉強時間は膨大なのに英会話が出来ない日本人が大量に出来てしまったのは間違いないので有りまして、そーゆー事を防ぐ為にも、自分で英語落語を演じてみるってのも面白いかも知れないですね。

例えば英語落語を主体に英語を勉強するとすれば、先ずは適当に演目を選ぶところから始めると思いますので、オーソドックスに時ソバでも”らくだ”でも好きな演目を選んだら、日本語を先ずは英語に訳して、それを今度は高座に上がったつもりで演じてみるって感じでしょうかね。
(この方法であれば、別に英語に限らなくても中国語でもフランス語でもスワヒリ語でも勉強に取り入れる事が出来るって事になりますね)

でもって、勉強に疲れたら息抜きに英語落語でも聞いて息抜きをするって感じでしょうかね?

追伸
個人的に上手く工夫すれば、英会話を覚えるのに英語落語はもの凄く有効な勉強方法に使えると思うのですよね(勿論、文法中心で喋れるって事は意味のない現行の入試を目的とした英語には適さないですけど)。

もしかしたら、何時の日か英語落語を使った英会話学習のソフトや教材が売り出されるかも知れませんし、逆に海外で日本語を学習する為に落語を覚えるなんて事も出てくるかも知れないですよね。

そうしたら日本人より落語を上手に演じる事が出来る外国人が演歌歌手のように出てくるかもしれないですよね。