ヒアリング上達方法

人間には口が一つで耳が二つあって、だから人の言う事をよく聞かないといけませんよって事を言われますが、英会話においても基本は相手とのコミュニケーションですから、相手の話している事を理解できないと英会話は成立しないわけですから、英会話においてヒアリングはとても重要なんですが、文字に書いた英文は読めるけれどネイティブイングリッシュは理解できないって人も少なく無いのですよね。

まあ大部分の場合におきまして、初めて英語の教育を受ける中学校の英語の授業におきまして、先生の発音にかなり問題が有る場合も多いようですし、何と言ってもヒアリングが上達しない理由として、先ず耳で聞いて頭の中で綴りに変換して日本語の意味に置き換えるって作業を同時進行で行う日本人が大半な訳ですから、まあ繁雑な作業をやっていてはヒアリングが上達するわけが無いのですよね。

そのそも根本的に日本の英語教育は何故か英文法の教育が中心で英会話は受験とは関係ないとばかりに、二の次な漫画否めませんから、当たり前と言ったら確かにその通りで有りまして、ヒアリングの上達に関しては学校の授業の延長で考えていては、一向に上達しないのですよね。

ここで受け売りですが、ある人に聞きましたヒアリングの上達方法を書いておこうと思いますが、歌でも映画でも日本語を排除して出来るだけ聞く事と、必要以上に日本語に訳して理解しようと思わない事らしいですね。

ただまあ悲しいかなどうしても、一旦聞いた英語を日本語に変換してから理解してしまおうとする習性を変える事は中々簡単ではないのでありまして、そこまで到達するのが大変なのですよね。

ただまあ、英会話を普通に出来るようになる為には、耳から入ってきた英語を頭の中で一旦日本語に変換してから、日本語で返す言葉を考えて英語に変換して口に出して発音していましたら、スムーズな英会話は成立しないので有りまして、文法が無茶苦茶だろうと、少々間違っていても耳から入ってきた英語は、下手に変換しないほうが良いのでは無いでしょうかね?

追伸
誰かが話していたと思いますが、英語を学習する前にローマ字を教えるってのは考え物ですよね、英語と同じアルファベットで日本語の発音のままローマ字を覚えてしまう物ですから、ネイティブイングリッシュとは似ても似つかない発音が頭に残った状態で、英語を覚えるってのは問題では無いでしょうかね?

まあローマ字を学習するって事もそれなりに意味はあると思いますけどね。