一番売れてる英会話学習教材

先日、とあるショッピングサイトで”今一番売れてる英会話教材”なる宣伝のキャッチコピーが目に飛び込んできましたが、まあ発売して何年も経過しているのに、未だに一番売れているって事なら理解できますが、発売間もない英会話教材の場合でしたら果たしてそれは学習効果が高いのか、それとも広告宣伝が上手なのか、単に安いから売れてだけなのか何とも判断が出来ないような気がしませんか?

まあ日本人の習性が寄らば大樹、長いものに巻かれろ、赤信号みんなで渡れば怖くない的なところがありますので、一番売れているとかみんなが使っていると言われれば自然とそいつを選んでしまうのですが、赤尾のマメタンやNHK英会話の放送ほど、長きにわたって英会話学習会に君臨してきた英会話学習教材は存じ上げないので有りまして、何故か毎年新しい英会話学習教材が市場に投入されたりするのですが、まさか目新しいほうが売れるって他の業界みたいな事になっているのではないでしょうね?

でね、現在ビジネスの最前線で世界を飛び回って流ちょうな英語を駆使して会話している人とか、何故か運良く英語圏の恋人と付き合うようになって、英語で会話している人も全てに言えると思うにですが、基本的な事、基礎的な部分は英会話学習教材を使った人も多いのだと思いますが、別に利用した教材の当たり外れで今の英会話力が有るとは思いませんし、特段教材に頼らないで、ラジオの英会話とかぶっつけ本番で何とか英会話を物にした人も多いと思いますし、そのほうが生きた英会話を素早く習得出来たのでは無いでしょうかね?

ついでですから少々英会話学習について厳しい事を書いてしまいますと、聞くところによりますと英会話学習教材マニア?と呼んで良いのかどうかも分かりませんが、新しい英会話教材が出る度に購入して、まあその熱意は有るのですが肝心の英会話のほうはさっぱり上達しない人も居るらしいですね。

まあそんな人が沢山いらっしゃるのかどうかは、調査していませんから不明ですが、次々と新しい英会話学習教材が発売されて、その中の幾つかは発売後暫くすると”今一番売れている英会話教材”なんて事になるのでしょうかね?

追伸
中学高校の六年間で英語を習ってもまともに英会話出来る人は少数派ですし、どうも日本語と英語は根本的に遠いところに位置するようで、日本人は英語を取得するのが苦手な民族で、まあそのお陰でもって現在の英会話学習業界が成り立って利益を確保しているのでしょうね。