英語を使う機会

多くの日本人は中学高校の合計六年間は英語の授業で英語を習うのですが、それでもまともに英語圏の人と英会話が出来る人が圧倒的に少ないのは、そもそも英語を使って誰かと会話する機会が圧倒的に少ないのが原因だと思いませんか?

つまり日本で生活していても何らかの場面において英会話をしなくちゃいけないとか、英語を使えないとその場を乗り切れないような場面がでない限り、別に英語なんて出来なくなって日常生活に一切の不自由は有りませんから、大学入試用の英語学習が幅を利かせるだけで、英会話は出来ませんっていびつな結果になってしまうのでしょうね。

ですので極論してしまいますと、もう英語学習なんてやりたい人だけの選択制にして、その代わりに農業とか生きる為に必要な技術を教えるか、もしくは日本人が英会話をまともに出来るようになるには、英語の授業以外に英会話の必要が有る場面を作り出さないと、状況は変わらないでしょうね。

なにせ目的が大学受験って英語教育がまかり通ってしまっているのが、無駄な英語学習になってしまっているように感じているので有りまして、そろそろ何らかの方向転換が必要でしょうね?

それと聞くところによりますと、映画の世界において映画に限らず吹き替えの技術は日本が最高だって事でして、まあ映画会社が親切丁寧に吹き替え音声を作ってくれたり、字幕スーパーを作成してくれちゃうから、英語なんてまるっきり分からなくても平気って事ですよね。

まあ一切吹き替えしなくても良いって状況じゃないですから、プロが訳して日本語で声優さんが吹き替える必要は有りますし、海外で話題の文学作品だって原文のままこっちへ持ってきても、大半が読めないわけでして、その為にプロの翻訳家が存在するわけですから、良く考えたら英語をみんなが学習する必要はどの位あるのでしょうかね?

追伸
手元に正確な統計資料が無いのですが、確か日本にやってきている外国人の中で英語圏の人はどんどん減っていて、代って中国とかブラジルとか韓国とかからの英語圏以外の人の入国が増えているとの事ですから、外国語=英語って考えも改めたほうが良いのかもしれないですよね。

企業が海外進出したり、生産拠点を海外に移す場合でも、たぶん英語圏よりもその他の言語を使う地域に出て行く場合が多いようでして、どうせなら本人の希望によって、各種外国語が学べるほうが良いとは思いますが、教える人の確保とか色々とハードルが高いでしょうね?