英会話が出来ない英語教師

私が高校受験した当時と現在では状況は少々変わっていると信じたいのですが、中学校の英語の先生の中にはまともに米国人や英国人と英語を使って意思の疎通(英会話)が出来ない人も混ざっているようなのでありまして、ただしそれで生徒が困るかと言いますとちゃんと受験の際の英語の試験に合格するように、筆記試験とか文法を抑えて教えてくれれば全く問題ないって、一体何のために英語の授業が存在するのか良く分からなくなってしまいますよね。

まぁ消滅しつつ有ります中学校時代の英語の授業を思い出してみますと、教科書を読むか紙に書かれた英文を日本語に訳すか単語のスペリングの書き取りくらいしか思い出す事が出来ないので有りまして、誰かに向かって英語で意志を伝えるとかコミュニケーションを取るって事は一回も無かったのですよね。

でね、確かに基本的な単語を覚えておいて文法もある程度理解しておかないと会話も出来ないって事も有るのかもしれないのですが、アメリカ人の幼児でも言葉を覚えて普通にお母さんと会話が出来る日本人の幼稚園児でも文法がどうのこうのって理解している子は一人もいませんし、スペリングや書き取りなんてのも会話をする上では全く不要なので有りまして、英語を勉強する目的が英語を介在して他人とコミニュケーションを取るって事でしたら教える順番が違うのかもしれないですよね。

だって、その昔の地球に誕生して先に手に入れたのは言葉なのでありまして、文字として言葉を時にする事を手にするのはずっと後の事ですし、文字を持たない文明も過去にあったと思いますし、未だに文盲と言われる文字が読めないし書けない人ってのは世界中には結構残っていて、それでもみんな普通に会話はして生活をしているに違いないのですから、せっせと長い時間勉強して尚かつ英会話もちゃんとできない日本人ばかりってことは何処で英語教育を間違えてしまったのでしょうかね?

極端な話ですが高校に入学するためだけとか、大学の入学試験に通るためだけの英語の勉強でしたら、どうも人生において無駄な時間って事を言えなくないとも思うので有りますが、じゃあ今の英語の授業を全面的に廃止しましょうって程の極端な事も言えないのですね。

追伸

英会話は出来ないけど英語の歌はよく聞くとかカラオケで歌えるって人も若い人の中ではいらっしゃると思いますが、一体歌は歌えて会話が出来ないってのはどーゆー事なのか私には理解できないので有りますね。