メニューを英語にする愚

個人の趣味で作っているホームページにしても企業のホームページにしても別に公開している所有者が気に入っていればどんなデザインでも内容でも法律に違反していなければどんなものを公開しようと一応は自由だと思いますが、今回はこれからホームページを作成して公開しようと考えている企業の方に向けて、勝手な事を少々書こうと思います。

でね私が結構気になっていることを書こうと思うのですけど、日本の企業が日本国内に住んでいる日本人向けにホームページを作って公開しているのにかかわらず、何故かメニューの表示が英語になっているホームページって結構多くて個人的に何を考えて居るのだろうって思うのですよね。

何と言いますか、お問い合わせって書いておけば万人に通じるものをContactUsとかやりましても、まぁ閲覧者の90%位には通じると思いますけど、勝手に推測致しますと閲覧者の一割くらいはお問い合わせフォームに辿り着くのに結構苦労するのでは無いのかなって思いますね。

まぁ私には理解できないのですけど、人によっては日本語で書いてあるよりも英語をふんだんに使って表現したほうが格好良いって思って居る人がいるようなのは、どうやら事実のような気が致しますけど日本人に伝えたいんでしょ?って思ってしまうのですよね。

ついこの間見たとある英会話教室らしきホームページもメニューは全部英語で書いてあったんですけど、思うに英会話教室に通うかなって考えて居てホームページを見に来る人ってのは、どう考えても英語が全然出来なくて日本語しか分からないから、英会話教室を探しに来ているのでありましてそーゆー人向けのホームページですから、英語なんて使わないで日本語で構成する必要が有ると思うのですけど、たぶん英会話教室のホームページなんだから英語で構成して格好良くとでも思ったのですかね。

勿論最初に書いたように公開する人が考えて自由に作れば良いので有りますけど、やっぱり閲覧者を頭に浮かべて作成する必要が有るのでは無いでしょうかね?

追伸
しっかし会社案内がアバウトアスだか何だか分かりませんけど、中には日本人にしか通じない英語表現なんてのも有るような気がしてならないのですけど、まぁその文字で伝える以外にも全体のデザインイメージで会社のイメージを高めるって事を優先するのも有りなのでしょうかね?

私自身は英語が徹底的に苦手なものですから英語で書かれたメニューが並んでいるとどれを選んで良いのか戸惑ってしまうので有りまして、私と同じような人も結構多いのでは無いでしょうかね?