社内の公用語を英語に

先のユニクロを経営するファーストリテイリングに続いて楽天も社内の公用語を英語に統一するとのニュースが流れましてこれで一部の学生さんは英語を勉強するのにより一層の力が入るのでは無いでしょうかね?

確かに国際化の流れですとか海外進出するにあたりまして英語を使ったコミニュケーション能力が必要になってくるので英語を公用語にするのは理解出来るのですが日本人の私としては少々寂しいような気が致しますね?

何と言いますか海外から日本に進出してくる企業の中には社内での公用語を英語にしている所も多いでしょうし、これで逆に海外に進出する企業までが英語に流れてしまうよりも、海外に進出る企業が逆に社内では日本語を公用語にでもして欲しいものです。

とは言っても社内の公用語を何にするかはその企業の勝手なわけですし、別にフランス語でもポルトガル語でも口をはさむ所では有りませんが、既に社員として在籍している社員さんの中には英語が全く出来なくてどうしようかって悩んでしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本の企業だから英語が出来なくても大丈夫だって事で入社致しまして、何年かが経過したらいきなり社の方針で公用語が変更ってね?

たぶん一般社員でしたらまぁなんとか定年まで乗り切れるかもしれませんが、管理職ともなりますとたぶん英語が出来ない社員は資格なしって事になってしまって降格や出世の道が閉ざされるって事にならないのでしょうかね?

そんな理由で慌てて英会話教室に密かに通いだす社員の方もいらっしゃるのでは無いでしょうかね?

まぁ社内は日本なのかアメリカなのかよく分からない状況になることだけは確かなのでは無いでしょうかね?

追伸

たぶんそこまではならないと思いますが、今後において公用語を英語にする企業が増えて参りましたら下手すると下請け企業にまで英語を公用語にすることを押し付けてくる可能性だって無いとは言えないですよね?

在籍している社員でしたら仕方が無いって言いますか、折角だからこの機会に英語力の向上を目指そうなんて事で自費で英会話教室に通うのも良いのかもしれないですけど、下請け企業とか出入の業者で零細で高齢な社長さんがやっている会社なんかでしたら大変でしょうね?

もしそんな流れになってしまいましたら、日本中の多くの企業がどんどん公用語を英語に切り替えてしまう事になってしまうのでありまして、英語が苦手な私としてはそんな流れにはなって欲しくないのでありますね?